こんな人はアイフルの審査に通りにくい

たとえば現時点の収入が同じでも、一方は審査に通り、一方は審査に落ちてしまうという事があります。その違いはどこにあるのでしょうか。アイフルの審査に通りにくい人の特徴について考えてみましょう。

 

先の例のように、同じ収入なのに一方だけ審査に落ちた場合、勤続年数が短いことが関係しているかもしれません。消費者金融にとって気になるのは、申込者がこの先も安定した収入があるかどうか、ということです。勤続年数が短いと、仕事を長く続けられない人、きちんと借金を返済してもらえるか確信ができない、と判断されてしまう可能性があります。

 

また、同じ主婦でも、専業主婦と働く主婦とでは大きな差が出ます。現在働きに出ていない主婦は、審査に通るのが難しいのが現況です。

 

また、アイフル以外に複数の業者に申込をしている場合も審査が難しくなるかもしれません。注意しておきたい点として、契約までに至らなくても、消費者金融に申込んだという事実は信用情報に記録されるので、同時に複数の業者に申込まないように気を付けましょう。

 

基本的に、消費者金融で借り入れることのできる金額は、個人の収入の3分の1までと定められています。ですから、希望借入額が収入の3分の1を超えている場合も審査に通るのが難しくなります。自分の支払い能力内で申込むことが大切です。

 

これまでに滞納や自己破産などの金融事故を起こしたことがある場合、審査に大きく影響します。借金をするということは、自分の信用が問われるということです。もしこれからアイフルを利用する予定があるなら、確実に返済できる、ゆとりをもった計画を立てましょう。